公開2次審査観覧希望者募集
(募集は5/16に締め切りました)

過去のコンペ

お知らせ

2009年9月1日
第5回三井住空間デザイン賞実施住戸をアップしました。
2008年7月1日
2次審査結果発表審査講評をアップしました。
2008年6月16日
第4回 三井住空間デザイン賞 実施住戸発表をアップしました。
2008年4月21日
1次審査通過8組が決定! 1次審査結果発表をアップしました。
公開2次審査観覧希望者募集中
2008年3月31日
応募登録の受付を終了しました。
2008年3月19日
「過去の最優秀案実施住戸」を追加しました。
2008年3月6日
「コンペ対象住戸平面図 縮尺1/50」の図面を一部訂正します。
2008年3月4日
FAQをアップしました。
2008年2月7日
図面データを追加致しました。
2008年2月1日
ホームページをOPENしました。
RSSRSS配信

応募される方へのお願い

敷地周辺での写真撮影や、敷地内への立ち入りは、近隣の方や現場の方にご迷惑が掛かりますので、何卒ご遠慮いただくようお願いします。

趣旨

時代のニーズにあった「デベロッパーと建築家・デザイナーとの新しい関係」を探るひとつの機会として、2002年からスタートした 「住空間デザインコンペ」。前回からは名称を「三井住空間デザインコンペ」とし、新たな装いで実施しています。現実の生活を前提として、いかに「快適な居住空間」をつくり出すことができるか。
また、単に装飾的になるのではなく、個人の嗜好性を生かしながら、誰もが快適に感じることができる住まいとは何かを求めてきました。 2006年の第4回コンペでは、応募登録1,446件、応募作品771点という多数の応募をいただいています。
今回は、東京のベッドタウンにあるファミリーマンション「(仮称)板橋区成増3丁目計画」(9階建、総戸数223戸)を課題建物として取り上げます。コンペ対象住戸は、公園緑地に面し、専用庭のある1階住戸(専有面積79.13m2)。構造躯体と若干のパイプスペースを除き、キッチンや洗面室といった水場の位置も制約無く自由にプランニングしていただけます。親の空間と、こどもの空間を考慮しながら、そこに住まう親と子が生き生きと暮らす斬新で魅力的な住戸プランを提案してください。選ばれた最優秀案は、それに基づき実際に建設のうえ分譲されますので、購買行動に至る魅力のある案であるとともに、今後のファミリーマンション向けの新たなスタンダードとなるようなプランであることが条件となります。
5回目を数えるこのコンペは、若手建築家の登竜門として位置付け、より多くの実務経験者に応募していただきたいと考え、最優秀賞は「三井住空間デザイン賞」として表彰します。また、2段階審査方式を採用し、2次審査を公開プレゼンテーション形式で行います。これまでの受賞作品のうち、第3回のパークタワー秋葉原では、コンペ作品が建設・分譲され、入居済みです。第4回のパークコート虎ノ門愛宕タワーでは、コンペ作品が間もなく完成し、その後分譲する予定です。第3回のパークタワー秋葉原は2007年のグッドデザイン賞を受賞しています。わたしたちはこのコンペを通して、集合住宅の新しい価値が創造されることと同時に、同じ時代を共に生きる優れた建築家・デザイナーとの出会いを期待しています。